目黒区の都立大学にある歯医者【柿の木坂歯科クリニック】一般歯科、口腔外科、予防歯科、インプラント、審美歯科

柿の木坂歯科クリニック

03-3718-4848

〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-34-21

一般歯科/予防歯科/口腔外科/インプラント/審美歯科

口腔外科

  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 入れ歯

歯科口腔外科

顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。
顎・口腔には多種多様な病気が起こります。
顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。
口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

親知らず

親知らずとは

親知らずとは、個人差はありますが、20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。
現代人で上下4本きちんと生えている人は少数です。現代人の顎は細く、この親知らずが生えるスペースがないために、正常に生えることが出来ず、前方に傾い て生えたり、横向きのまま大部分が歯肉に埋まった状態だったりすることで、痛みを生じたり、歯並びが悪くなったり、他の歯に悪い影響を及ぼしたりします。

 

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずであれば、特に抜歯する必要はありません。
ただし、大部分が歯肉に埋まったりしている親知らずは隣の歯の深い部分に虫歯を作ったりと悪影響を及ぼしますので、抜歯することをお勧め致します。また、 親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯と違って口腔外科的技術が必要となります。口腔外科専門の歯科医院にて抜歯することをお勧め致します。

 

親知らずによるトラブル

食生活の変化により現在の日本人の顎は、親知らずが生えるには十分な大きさではありません。
親知らずが変な方向に生えてしまったり、完全に生えないなどにより、親知らずの前の歯が押されて位置がくるってしまったり、周りの歯が不衛生な状態になったりします。
そのことにより、次のようなトラブルが頻発します。

親知らずが虫歯になる

親知らずの前の歯が虫歯や歯周病になる

歯並びが悪くなる

腫れて痛む

顎関節症

顎関節症とは、「顎が痛い」、「顎の関節がカクカクなる」、「口が開けづらい(開かない)」、「口の開閉時に痛みがある」などの症状の総称で す。顎関節症と言っても、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから、顎の骨の変形や開口障害など、手術を必要とする重い症状のものまで幅広く存在します。
顎の筋肉痛など一時的に痛みが発生しても、自然に治る場合もあります。
顎になんらかの症状がある現代人は多く、患者層も子供から高齢者まで幅広く見られる病気ですが、特に若い女性に多い病気であると言われています。
顎関節症の症状や原因は様々であり、その治療法も症状や原因により変わってきます。
症状の軽重に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。

pagetop